URL
https://trico.jal.com/
クライアント
日本航空株式会社
公開日
2020/02/01
カテゴリー
コミュニティ 共創 サイト構築 UGC醸成・活用 イベント

JALの旅コミュニティ trico(トリコ)

ユーザーが旅先での発見やJAL体験を投稿し、語り合うコミュニティサイト。双方コミュニケーションによるファンの更なるエンゲージ向上と、アンバサダーの育成を目指す。 月4,000件以上のユーザー投稿を元に、SNSだけでは実現できない双方向コミュニケーションを実現するとともに、アンバサダーの育成プログラムを展開。2020年2月にアプリも開設し、会員の利便性を高めている。

2020年、第7回Webグランプリ優秀賞を受賞。 座談会・格納庫見学・機内食試食会などのリアルイベントを随時企画しており、2020年度以降はさまざまなテーマでのオンライン施策を精力的に実施している。

クライアント課題

コミュニティ開設前までは、顧客への発信は公式Facebookを筆頭にSNS上でのコミュニケーションが主流だったが、企業主体の情報発信のみで、一方的なコミュニケーションにとどまる課題があった。

その課題解決として、JALと顧客、そして顧客同士の双方向コミュニケーションが実現可能なコミュニティサイトに注目。テーマを広く「旅」と設定することで、旅先の発見やJALに搭乗した体験が顧客自身の言葉で語られ、相互にシェアされる事で更に共感度が高められると考えた。また、移動手段としての限られたJALブランド体験にとどまらず、コミュニティサイトでの様々な体験を通して、顧客のロイヤリティ向上につながることも目指している。
イベント時などには、運営にあたる社員はもちろん、客室乗務員や整備士など幅広い関係者が双方向コミュニケーションに参加し「人のおもてなし」要素を加えることで、JALへの信頼感も高める事ができている。

実施後の効果

初期集客と良質コンテンツクリエーターの育成のため、公式Instagramアカウントからアンバサダー候補をリクルートし、ロンチと同時にUGCによる自走式を実現することができた。旅先や日常の発見、地元自慢など幅広く投稿される「発見レポ」、JALへの搭乗や、マイレージ、イベント参加等の体験が集まる「JALトーク」の2つの軸で展開している。
気軽に投稿しやすい InstagramやTwitterからの導線設計も功を奏し、毎月4,000件以上の投稿が集まり、投稿を通して会員同士の交流も生まれている。
そのほか、公式サイトでは伝えきれない活動や裏話などを届ける「特集コラム」のほか、マイレージをインセンティブとした投稿コンテストキャンペーンを毎月異なるテーマで実施することで、幅広い話題が継続的に集まり続けることを目指している。

また、アンバサダー任命制度やアクションポイント・特定#投稿&他者からのアクションでもらえるバッジや、人数限定のイベントなど、体験型施策を併せて企画・実施することで、ユーザーのロイヤリティ向上にもつなげられている。

■JALの旅コミュニティtrico関連記事

・MarkeZine連載 『Withコロナ時代、一歩先行く企業コミュニティの共創最前線』
「旅」への共感がUGCを創る、JALが進める企業コミュニティ活性化術

JALの旅コミュニティが第7回Webグランプリ「コーポレートサイト賞」で優秀賞を受賞

Withコロナのライブ&ストック型 コミュニティプログラム「eLife Live+」を提供開始、3月以降 資生堂・JAL・カゴメで先行採用

同じカテゴリの実績