URL
https://ap.morinaga.co.jp/
クライアント
森永製菓株式会社
公開日
2016/02/01
カテゴリー
コミュニティ 共創 サイト構築

森永製菓のファンサイト 「エンゼルPLUS 」

2013年に開設して、今日現在も盛り上がりをみせるファンサイト。企業やお菓子について会員同士で語り合える掲示板、オリジナルキャンペーン、商品担当者へのインタビューなど、エンゼルPLUSならではの情報を発信している。「商品を売るための場」ではなくあくまでも「会員にサイトを楽しんでもらう」ことを第一に考えて日々運営している。結果的に会員にとっては商品認知とロイヤリティが向上し、商品担当者にとってはユーザーのインサイトを収集できるプラットフォームとして欠かせない存在となっている。

クライアント課題

サイトを立ち上げた2013年当時は、情報端末の多様化が加速するとともに、マスメディアへの広告効果が薄れているというマーケティング課題があった。そこで、企業・ブランド・商品に対するファンに着目して会員との双方向コミュニケーションを実現してファン化するべくファンサイトの立ち上げに至った。その際、会員の数を増やすことよりも関係性を深めることに重点をおいてコンテンツの企画やKPIを設定した。

実施後の効果

熱量の高い会員による投稿は毎月50,000件を超え、会員同士も日々活発にコミュニケーションしている。会員自らが新商品や期間限定商品を見つけて画像を投稿することにより、他の会員への商品認知が広がって商品購入のきっかけに繋がっている。担当者がサイトで積極的に顔を出して会員と交流し、オフラインでもコミュニケーションを深めていたことから、コロナ禍においてもオンラインイベントへの移行もスムーズに成功。数字を追わずとも結果的に会員数が増え続けている。
森永製菓の製品だけでなく、企業自体のファンも多いことからブランド担当者からの質問やアンケートに対して多くの回答が得られている。そのため、企業内でもほぼ全てのブランドがこの場を通して会員と交流して良質なUGCを得ながら、日々のマーケティング活動に利用している。 今後は共創の場として、会員と共に商品開発も計画している。

■森永製菓「エンゼルPLUS」関連記事
マーケティングの仮説検証にも活用 森永製菓「エンゼルPLUS」に学ぶ、コミュニティ運営の成功法則(MarkeZine 2021年2月24日)
NPSは驚異の+53!森永製菓のファンサイト「エンゼルPLUS」のコミュニティサイトの在り方(Web 担当者 Forum 2019年6月5日)

同じカテゴリの実績