クライアント
Wan Thai Foods Industry Co., Ltd.
公開日
2021/02/02
カテゴリー
キャンペーン

Yum Yum 中国市場におけるデジタルマーケティング施策

1971年に設立されたWan Thai Foods Industry Co., Ltd.(登録商標”Yum Yum “)は、タイの人々に広く愛されているインスタントヌードル事業のトップメーカーで、中国市場には20年前から参入しており、当初はオフライン販売を行っていた。近年、消費者がオンライン購入へ移行しており、Yum Yumは中国の大手EコマースJD.com(京東)とTmall Global(天猫)に旗艦店を出店したものの、売上の大半はオフラインでの販売が中心となっていた。
2020年のコロナ禍以降、中国国内ではインスタントラーメンの需要急増を背景に、総合的なデジタルマーケティングを計画・実行。中国の主要SNSであるWeibo(微博)とRED(小紅書)において、タイで最も本格的なインスタントラーメンとしてのブランドイメージ確立に成功。中国のネット上で最も人気のあるタイ発のインスタントラーメンになった。

クライアント課題

本ブランドのターゲットと想定されていた若者のカスタマージャーニーが曖昧で具体的な施策立案が難しく、中国のSNSにおいてもリーチ、ブランドワード、キーワードが検索ランキングに出てこないことが課題とされていた。
そこで改めてターゲットを明確に定義したうえでタッチポイントを洗い出し、それぞれに合った施策を積極的に展開していった。

実施後の効果

本施策では、公式プロモーションとKOL(Key Opinion Leader)よりもリアルなKOC(Key Opinion Consumer)を掛け合わせることでユーザーの関心とロイヤリティが向上し、商品の認知と質の高い口コミを確立した。その結果、施策後の売上額は二期連続増加。また2020年の11月11日、天猫ダブルイレブン(W11/独身の日)では売上額前年比で2倍近く増加した。

・Weiboの公式アカウントでは、料理好きなファンによる多様なYum Yumレシピをピックアップして共有。また料理レシピ以外の調理や食べ方のアイデアをシェアすることでコンテンツを楽しむチャットコミュニティが形成された。その結果、Weiboオリジナルトピック #yumyum泰好吃# ではトピック閲覧数3500万(2021年6月22日現在)を達成。

・Tmallでは、ブランドと連動して同時にライブ配信を実現。同ジャンルのライブ配信ランキングでは2位を獲得。

・Redbookではドラマのワンシーンを再現したり、贅沢な食材を使うなどの多彩なレシピをユーザーが発信したりすることで良質なコンテンツが集まった結果、検索ランキングが上がり、総露出量が予測の2倍以上 、総リーチ数は1.5倍以上を達成した。

同じカテゴリの実績